TOP

#年中行事(9)

ひな人形を早くしまわないといきおくれるとは。

ひな人形は綺麗だし、豪華でずっと出しておいても良いのではと疑問でしたがこういった理由があるそうです。一つめは古代中国で人形に子供の厄や災いを移して流す風習があり、人形にはそうした役割があると考えて身近...

続きを見る

スポンサーKataribe

ひなまつり!(Hina Matsuri)

日本の3月3日は雛祭りと呼ばれ 桃の花が咲く頃なので、「桃の節句」とも 呼ばれています。 女の子の成長を祈願する行事ですが 日本の、とある地方によっては 男の子も祝う事があるようです。 それは...

続きを見る

39.26score

katari@

スポンサーKataribe

うれしいひなまつり♪

『あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪』 と、ひな祭りの時期になると流れてくる歌『うれしいひなまつり』は、山野三郎によって作詞され、1936年、河村直則によって作曲されたの日本の童謡です。 実はこの童謡...

続きを見る

スポンサーKataribe

雛人形を出しっぱなしにしておくとどうなる?

雛人形の飾り付けは立春から2月中旬にかけての時期が良いと言われています。忙しくてなかなか準備が出来ない場合でも、雛祭りの1週間前くらいまでには飾り付けを済ませたいものです。 雛祭りが終わったらすぐに...

続きを見る

スポンサーKataribe

髪の毛が薄くなり服が破れていくおひな様……その理由と対策法

3月3日は『ひな祭り』です。女の子の健やかな成長を祈る素敵なイベントですよね。おひな様、お内裏様、三人官女に五人囃子が1年に1回だけ活躍できる日。押し入れや倉庫の中でジッとその日を待ち続けているの...

続きを見る

37.56score

とりせい

スポンサーKataribe

雛人形はいつ出すのがいい?

雛人形はいつから出すのが良いのでしょうか? わたしは、いつもなんとなく出して3月4日に頑張って押入れに戻すのが毎年の通例でした。 早くしまわないと嫁に行き遅れるから、という説がありまして我が家...

続きを見る

35.90score

トマタマ

スポンサーKataribe

都内でも楽しめるどんと焼き

北海道から沖縄まで全国的におこなわれているどんど焼きですが、なかなか都心では見ることができないと思っている方におすすめのどんど焼きがあります。 【どんど焼き】 小正月の1月15日前後に行われる行事...

続きを見る

スポンサーKataribe

1年間の無病息災

どんど焼きは地域によってもやり方や文化が違うと思います。画像にもあるように、ある地域ではどんど焼きの炎でお餅や団子などを焼いて食べることにより、1年間を無病息災に過ごすことが出来ると言われています...

続きを見る

38.90score

とりせい

スポンサーKataribe

意外と近くで行われている「どんと焼き」今年こそはデビューしよう!

みなさんはどんと焼きに参加したことはありますか? わたしはお恥ずかしながら、生まれて三十数年経ちますが一度も参加したことがありませんでした。 元旦にお返しするつもりだったお守りが手元にあるため...

続きを見る